ダンスの楽しさを伝え、自己表現力を磨く PERFORMER HAL(ハル)公式ホームページ


  • HAL Story

スポンサードリンク




わたしの夢への第一歩☆HAL(ハル)の自己紹介ストーリー

DANCEの楽しさを伝えるダンスパフォーマーHAL(ハル)です!
からだ美調律®︎インストラクターとして、女性の健康のケアやアドバイスを行い、ダンサーへの身体作りのサポートを行っています。

このページでは、これまでの経験や想いを伝えていきます。
わたしのことをはじめて知ってくださったあなたの為に、これまでHAL storyとして、自己紹介をさせていただきたいと思います。

これまでの記事はこちら
→1、HAL(ハル)自己紹介 ダンス人生へのスタート
→2,夢を叶えるために東京へ!HAL(ハル)の自己紹介ストーリー
→3、新たなステージを歩む。HAL(ハル)の自己紹介ストーリー

くまもとチャレンジャーAWARD のファイナリストとして出場

ブログを書きながらも新たな夢ができました。
それは、大好きなダンスを教えるダンスインストラクターになること。

まずは、技術だけではなく、ダンス理論や効果なども学びたいと思い!

スポーツ庁・厚生労働省、後援のJDAC(ジェイダック) 認定ダンス指導員(初級・2級)取得

そして、勇気を出して一歩踏み出しました!
その一歩とは、ソーシャルビジネスについて学ぶことでした。

機会があって、くまもとを元気にする女性起業家の夢とチャレンジを応援する「くまもとチャレンジャーAWARD」に参加。
ソーシャルビジネスについて学び、ファイナリストとして出場させて頂きました。

私は、ダンスを通して子どもたちに「夢」と「笑顔」を伝えていきたい・・・

この想い一つをもって参加しました。
事業計画もなかなか思いついていない状態での参加でした。
その中で、たくさんの方々にアドバイス、ご意見をいただいて、
ビジネスモデルを考えていき、今回ファイナリストとして出場することができました。

ステージでは踊って入場し、プレゼンは緊張しましたが、最後まで無事に発表することができました。

たくさんの方々にサポート・応援して頂くことができました。

詳しくはこちらにもイベントレポートを書いています。
イベント出演報告 2019年12月8日 くまもとチャレンジャーAWARD

世の中を驚かせたコロナウイルスの影響。オンラインダンスレッスンを開始

私は、どんどん活動を進めていくうちに、心に溢れてきた想い
それは・・実際に「ダンスを教えていきたい」
ダンスを教えていたとき、踊れるようになった子どもたちの笑顔を思い出し、
また、私自身が仲間と一緒に踊っていた楽しさをもう一度味わいたいと思いました。

時は、2020年3月。
世界に驚くことが起こった。
コロナウイルスが起こり、社会、個人、環境に色んな変化が起きたのです。
私もですが、皆様も本当に不安と驚きとこれからの心配をしたことでしょう。

子どもたちが、小学校にも通えず、運動不足になり、ストレスもたまりお家で過ごさないといけないという日々・・・
この時に何か私ができることは・・と毎日、頭の中で考えていました。
そのときに思いついたのは、ネット上でのオンラインダンスレッスン!!

「ダンス」を通して、踊ることで楽しくリフレッシュや運動不足解消ができたらいいなと思いました。
また、子どもたちに「楽しむ時間」を作れたらいいなと感じました。

まだまだ、この頃は今に比べて、「オンラインで何かをする」というのは支流ではありませんでした。
特に、ダンスという分野はリアルでしてこそ楽しかったりするという考えの方が強いのかなと思います。
それでも、やってみようと思い、Facebookを通して募集をして
無料オンラインダンスレッスンをはじめました。

参加してくださったのは、知人のお子様やその友人の方、
子どもたちはお家で身体を動かしながら、画面を一生懸命見ながら踊る姿に私も嬉しくて力を受けました!

オンラインダンスレッスンという新たなの可能性を感じました。

このレッスンがきっかけに、オンラインダンスレッスンを始めました。
2020年では、全国に生徒ができ、オンラインでのレッスンをスタートし、新たな出会いが生まれたことにとても喜びを感じています。

今、私は熊本に住んでいます。
オンラインならば、熊本に限らず、全国どこの子どもたちでも教えることができます。
これはすごい可能性(^o^)
私は、オンラインダンスレッスンを通しても、ダンスの楽しさやダンス上達のサポートを行っていきたいと思います。
そのレッスンを通して、ダンスが上手になっていく楽しさや自信を子どもたちに感じてほしいなと思いました。

2020年リアルレッスンの経験

オンラインダンスレッスンからはじめ、2020年では、フィットネスクラブ・保育園・チアダンスのクラス・
中高生ダンスレッスン・ワンツーマンオンラインレッスンなど、
ダンスインストラクターとして本格的に、ダンスレッスンを教えることができるようになりました。

思ってもみなかったダンスインストラクターとしてのお仕事・・
それは、私の軸である「笑顔と夢」を思う存分伝えていける機会です。

踊れなかった子達が踊れるようになることで笑顔になっていく姿。
子どもが踊れるようになって喜んでくださるご両親の笑顔。
ダンスには触れてきていなかった方が、新たにダンスの楽しさを感じてくださって喜びを味わってくださった姿、
ずっとできなかったダンスの部分ができるようになって感謝のメッセージをくれた言葉、
私には本当に大切な経験をさせていただきました。

こんな風にダンスレッスンをはじめた私ですが、この経験を通して私自身の足りなさも感じるようになったのです。

ー続きの記事はこちらー

→5,からだ美調律®︎メソッドとの出会い♪HAL(ハル)の自己紹介ストーリー

 


スポンサードリンク






Pagetop