ダンスの楽しさを伝え、自己表現力を磨く PERFORMER HAL(ハル)公式ホームページ


  • DANCE

スポンサードリンク




ロックダンス初心者必見!基本の動き②「トゥエル」動画と画像で練習方法をレクチャー

こんにちは^^
DANCEの楽しさを伝えるLOCKダンサーHALです!

さぁ今日もロックダンスの基礎の技について練習していきましょう!

「ロックダンスについて」下記の記事で紹介しています。
よろしければご覧下さい^^♪
ロックダンスとは?ロックの意味って実は●●だったって知ってた?

まず、初心者の方に身につけてほしい動きをご紹介しています。
LOCK DACCEで上半身(特に腕や手)を使った基本の動きは5つ!!
(初心者の方に向けて代表的なのを私の観点で5つ選んでみました)

①ザ・ ロック(Lock)(前回の記事 下記をご覧下さい)
ロックダンス初心者必見!基本技の動き①「ザ・ロック」動画と画像で練習方法をレクチャー
②トゥエル(Twirl)
③ポイント(Point)
④ペイシング(Pacing)=ドラム(Drum)
⑤クラップ(Clap)=ファイブ(Fiwe)

今日はその中の二つ目 ②「トゥエル(Twirl)」についてお伝えしていきます。

ロックダンス基本の技の動き「トゥエル」とは?

「トゥエル」は代表的な手の動きの一つです。
手首を使い、手を返して動きを出す技になります。
手の返すしなやかさも必要になります。

「トゥエル」の技でも、「手を返すだけのやり方」や「手をクルクルと回す方法」「腕を軸にして上腕部を一緒に回す方法」など、色々あります。
ですので、「私が知っている「トゥエル」とは違うなぁ~」「私はこのように先生に教わったよ~」などあるかもしれません。

ここで、紹介する「トゥエル」は「手を返すだけのやり方」で基本中の基本のやり方です。
私はこの方法をまずは身につけることをオススメします。
この方法を身につけると、他の「手をクルクル回す方法」・・etcも基本が出来ているので、キレイに見えるし、やりやすくなるからです!。
なので、今回はその基本の「手を返すだけのやり方」の方法を細かく紹介していきますね。

「トゥエル」は、色んな技の間に入れたり、他の技と一緒に使ったりできます。
基本の動きを覚えたあとは、片手でしたり、両手でしたり、ステップと一緒にするなど、アレンジができるので、覚えているととても楽しく使うことができます♪

「トゥエル」の動きを動画と画像で解説!練習方法

それでは、練習をしていきましょう。
まずはこちらのレクチャー動画で練習をしてみましょう(^^)

【ロックダンス初心者必見!基本技の動き②「トゥエル」解説と練習方法!】

①肩幅に足を開きます。

②手は軽く握ります。
卵を持ったイメージで握ります。

③腕を真っ直ぐに下に下ろした状態で準備します。

④肘を上にあげます。肩が一緒に上がってしまわないように注意しましょう。

⑤手は体のラインに沿ってあげていきます。
(体のラインとは、下記画像の矢印のラインです)

⑥肘を肩の高さまであげます。

両方の肘を肩の高さ(画像の赤いライン)まであげます。

⑦肘を固定して手を返します。

首の横でくるんと返します。(1周ではなくて、外回しで半回転くらいです)

⑧同じ来た道を通って手を下ろしていきます。下ろす時の流れも細かく説明しますね!
まず、手を返した後の状態は、手を返す前の状態と同じようになります。

そのまま手を下に体のラインに沿って下ろしていきます。
(体のラインとは、下記画像の矢印のラインです)

「TWIRL [トゥエル]」の基本の動き3つのポイント!

今まで、一連の流れをお伝えしました。
次に練習するときに意識してほしいポイントをお伝えします!
上記の練習方法と重複しているところもありますが、
ポイントを3つにまとめてみました^^

ポイント① 手の通るライン

手を下ろした状態のところから、肘を肩の高さまで上げるときの
手の通るラインが一直線になるように、体のラインを通るように意識してみてください。

ポイント② 手の返す位置

手の返す位置は耳の横でできるように意識しましょう!

前や後ろにいきすぎたりしないように気をつけましょう。
NG:前に行き過ぎている状態

NG:後ろに行き過ぎている状態

ポイント③ 手の返すしなやかさ

手の返すときに、「トンッ♪」とリズミカルにします。
その時は、手首を使って手を返します。ここでしなやかさが大事になります。
ロックダンスを踊るときに「トゥエル」を使う時には、この手を返すところで音を取るようになります。
(手の返すのは手首を使って行います。その練習はこの次に書いているので、チェックしてみてくださいね)

太鼓が肩の後ろくらいにあるイメージでそれを手の甲で叩いて音をならすイメージです。

3つのポイント!!
一つ一つ確認しながら、ゆっくり練習してみてくださいね(^^)

手の返すしなやかさを出す練習方法!

POINTO③でお伝えした「手の返すしなやかさ」を出す方法として、練習方法をお伝えします。
通常の練習で「⑦肘を固定して手を返します。」の手を返す時の感覚を作ることを目的として行う練習になります。
手首を使って行います。

①肘を90度に曲げて脇をしめます。肩に力が入ってしまわないようにしましょう。

②手首をリラックスさせて前と後ろに「トントン♪」とリズムを感じながら出し入れします。

○の位置に太鼓があって、手首を使って手の甲で太鼓を叩くイメージです。

難しいなあと思う方は、手首を反対側の手で持って一度力を抜いてブラブラさせてみてください。
手首は固定しますが、手はリラックスさせて行います。
一気にやりすぎると、手首を痛めてしまう原因にもなるので、気をくださいね^^

私は「トントン♪トントン♪」と歩きながら練習していました(笑)
やっていると楽しくなってくるんですよね^^♪
そんな風に、どこでも気軽にできる練習なので、家でも通学途中の電車の中でもしてみてください^^

女性ロックダンサーに向けて HALのワンポイントアドバイス

手のキレイな女性・・
ここぞ女性のみせどころではないかなと思います(*゚▽゚*)

ロックダンスは力強いイメージがあると思いますが、
この「トゥエル」の動きは手の柔らかさやしなやかさが表現できる動きです!
そんな風に、力強い動きの中に「トゥエル」を入れることによって、
女性の強みを見せることができます!

ぜひ、試してみてくださいね(*^_^*)

まとめ

いかがでしたか?
少し手を返すところが難しく感じましたか?
この「トゥエル」も何度も鏡を見ながら、手の通る道筋や角度などを確認しながら体で覚えることが大事になります。
気軽にどこでも練習ができる動きかなと思うので、
お家の中ででも練習するときに取り入れて見てくださいね!

今日は、ロックダンスをはじめる方にまず、身につけてほしい動きの2つ目!!
LOCK DACCEで上半身(特に腕や手)を使った基本の動き②「トゥエル」の動きについてお伝えしました。

振りを作るときにかかせない動きなので、できるようになると踊るときに楽しくなると思います。
この動きをマスターしてこそ、LOCK DANCEを楽しむことができると思うので、
ぜひ、練習してみてくださいね(^-^)

次回は、LOCK DACCEで上半身(特に腕や手)を使った基本の動き3つ目「ポイント(Point)」についてお伝えします!
お楽しみに(*^_^*)


スポンサードリンク






Pagetop