ダンスの楽しさを伝え、自己表現力を磨く PERFORMER HAL(ハル)公式ホームページ


  • DANCE

スポンサードリンク




アイソレーション『胸編』自由自在に動かせるようになろう!

こんにちは。LOCK DANCER HALです。

前回は、アイソレーション『首編』をお伝えしました。
首の左右の動きはできるようになりましたか?
まだの方も、お伝えした練習方法で少しずつ練習してみてください。(^-^)
アイソレーション『首編』はこちら
https://mama-dance.info/isoreshon-kubi

一気にすると首を痛めてしまうので、気をつけてくださいね。
体に対して平行に動かせるようになるのがPOINTです!

今日は、首の次のステップ。
『胸のアイソレーション』についてお伝えします。
目で見て分かりやすいように、動画を3本ご用意しました。
①前後の動き、②横の動き、③回す動きの方法をそれぞれ説明しています。
動画も見ながら、しっかりできているかチェックしてみてくださいね。

胸のアイソレーションとは?

どんなジャンルのダンスでも胸の動きはとても重要です。
リズムを取っているだけでも、胸を使えるかどうかで
全く見え方や表現が違ってきます。
胸を使って踊れる人のダンスは、やっぱりかっこいいです(*゚▽゚*)

胸の動きをマスターして胸を自由自在に動かせるようになりましょう!

胸のアイソレーション準備体操『胸のストレッチ』

それでは、まずストレッチからしていきます。
両手を組んで背伸びをします。
大きくぐぅ~んと伸びていきましょう。
呼吸を忘れずにおこないましょう。

そして、脱力で腰から体をおって下にいきます。
脱力は、「力が抜けること」ですので、手もだら~んと力を抜いてください。

もう一度、伸びます。2回ほど背伸び、脱力を繰り返します。
3回目に伸びる時は、かかともあげて高く伸びていきます。
最後に力を抜いて脱力。
ゆっくりあがっていきましょう。

もう一度、手を組んで上に伸び、次は横へ傾いて横を伸ばしていきます。

反対側も同じようにしていきます。
最後に上まで戻ってきたら手を大きく外に回しながら下ろしてきて、
後ろで手を組みます。

その状態から、腕を後ろに組んで胸をあけていきます。

次に、手を前で組んで胸を後ろに伸ばしていきます。

胸まわりの簡単なストレッチでした。
呼吸しながら、「気持ちがいいなぁ~」と思う程度で
リラックスしておこなってくださいね(^-^)

『胸のアイソレーション』基本の動き

それでは、『胸のアイソレーション』を始めていきます。

まずは、前後に動かす動き方からです。
前に胸だけを突き出します。
後ろから背中の肩甲骨の真ん中を押されるイメージ。

もし、始めてする方はなかなか動かせないと思うので、
誰かに押してもらってください。
すると、動かす場所が分かります。
始めは、動かす場所が頭では分かっても体ではできないです。
これは、使ったことがない筋肉を動かすので
コントロールができないからです。
動かす場所が分かって、意識することによって動かせるようになってきます。

次に後ろに動かします。
胸をパンチされたイメージです。
イメージしながらおこなうことによって早く動かせるようになります。

この前後の動きをするときには、肩が動かないように注意しましょう。
肩を一緒に動かすと、胸もとっても動いているように見えます。
アイソレーションは、「体の各部分を単独で動かすこと」が大事なので
胸だけを動かすよう頑張ってみましょう。

下の写真では、胸を前に出せていますが、一緒に肩も動いてしまっています。

こちらは、胸を後ろに動かせていますが、肩も動いてしまっています。

始めから全てができることはないので、
まずは胸を動かせるようになること、
その次に、胸以外の場所が動いていないかなと鏡を見ながら確認していきましょう。

動画を見て練習していきましょう。
【「アイソレーション」胸① 前後の動き】

次に、左右の動きです。
反対側から押されるイメージでおこないます。

このときも、肩の高さが変わってしまうことがないように気をつけます。

鏡を見ながら、肩が動いていないか確認してみましょう。

動画を見て練習していきましょう。
【「アイソレーション」胸② 横の動き】

胸を回す動きにも挑戦!動きの説明と練習方法

いかがでしょうか?
このように前後左右を動かせるようになったら、
順番に動かしてみましょう。
前、後、前、後、
右、左、右、左、
まずは、ゆっくりできるようになりましょう。

この段階もクリアした方は、
前、右、後、左、
と順番に動かしてみます。

最後に、回してみましょう。
反対周りもします。
ゆっくりキレイな円をかくように回していきます。

動画で動きを確認して、練習してみましょう。
【「アイソレーション」胸③ 回す動き】

一通りできるようになれば、基本的な胸のアイソレーションはできました(^-^)
これで、ダンスレッスンに行ってもアイソレーションのレッスンに
ついていくことができると思います。
まだ、難しいと感じた方もいたと思います。
毎日、少しずつおこなうことでできるようになるので、
鏡を見ながら挑戦してみてくださいね♪

胸のアイソレーション応用編

そして、ここからは応用編です!

前後左右には動かせる方は、斜めにも動かしてみましょう。
斜めはしないレッスンも多いです。
LOCK DANCEではこの斜めの胸の動きができていたら、
色んなダンスの振りでとっても役立ちます。

挑戦してみてくださいね(^-^)

【応用編①】

斜め前からおこないましょう。
意識するのは、左胸。
しっかりこの箇所を意識して押し出していきます。

次に後ろ斜めへ。

逆の後ろ斜めもおこないます。

最後に、右胸を意識して斜め前へ。

この動きを連動して行ってみてください。

【応用編②】
胸の前後を動かすときの応用編です。
前に動かしながら、腰をおって前に倒れていきます。

倒れていきながら胸を前に出していく練習です。
ゆっくり猫背にならないように、
肩が一緒に動かないように気をつけましょう。

前に倒れることができたら、そのまま胸を動かしながら上がってきましょう。

まとめ

いかがでしたか?(*゚▽゚*)
応用編もクリアできたら、
きっと胸を自由自在に動かせるようになったのではないでしょうか!?

ダンスの振りを踊る中でも、胸を使ってみてくださいね!!
とっても変化している自分に会えると思います(^-^)

次回は、アイソレーション『腰編』をお伝えしてます♪
お楽しみにo(^▽^)o♪


スポンサードリンク






Pagetop