ダンスの楽しさを伝え、自己表現力を磨く PERFORMER HAL(ハル)公式ホームページ


  • LOCK DANCE基本技

スポンサードリンク




ロックダンスの振り付け練習方法とは?基本技で簡単に踊ってみよう!

こんにちは。ダンスの楽しさを伝えるロックダンサーHALです!!

「ロックダンスについて」下記の記事で紹介しています。
よろしければご覧下さい^^♪
ロックダンスとは?ロックの意味って実は●●だったって知ってた?

今まで、初心者の方がロックダンスを始めるときに、はじめに身につけてほしい動きをご紹介していました。
ロックダンスで上半身(特に腕や手)を使った基本の動きは5つ!!
まとめた記事があるので、こちらをご覧ください。
(初心者の方に向けて代表的なのを私の観点で5つ選んでみました)
⇒ロックダンス初心者必見!基本の手の動き技5選。これを覚えたらロックダンスが踊れちゃう♪

今日はこの5つを組み合わせて簡単な振り付けをしてみました!
振りつけをするときの参考にしていただければと思います。

ロックダンス基本の技の動きとは?

ロックダンスは、基本の技が20種類ほどあります。
それを組み合わせて踊るのがロックダンス!

前回までは、基本の手の動きをお伝えしました。
その他には、ステップやからだ全体で動く技、アクロバット、などがあります。

「えっ・・じゃ・・まだまだ覚えないとロックダンスは踊れないの・・(´;ω;`)」
と思ったあなた!!

そうではないんです!

今回、覚えた「手の基本の動き」を組み合わせても、十分ロックダンスを楽しむことができるんです!

これも、ロックダンスの魅力の1つとわたしは思います^^

ロックダンスの振り付けの方法とは??レッスン動画を見てみよう♫

では、どんな風に5つの技を組み合わせて振り付けを作って踊るのか・・・
はじめは、文章だけではイメージができないと思うので、動画をご覧ください^^

振り付け練習の動画はこちら
【ロックダンスを踊ってみよう♪基本の5つの技で楽しく踊れる!】

このように、ザ・ ロック(Lock)、トゥエル(Twirl)、ポイント(Point)、ペイシング(Pacing)=ドラム(Drum)、クラップ(Clap)=ファイブ(Fiwe)の基本技5つを使って、楽しくロックダンスが踊れるように振り付け練習していきましょう(^o^)!

「手の基本技5つ」を組み合わせてロックダンスの振り付け!練習方法

ダンスを踊るときは、音楽にあっているかも重要。
単純に組み合わせたからといってもすぐに音楽に合わせて、踊ることは難しいかもしれません。
簡単な方法として、振りつけをするときのコツは、カウントで作ってみること。

カウントの数え方、リズムの乗り方は、こちらをご覧下さい♪
ダンスリズム取りレッスン!「オンカウント」と「エンカウント」の違いを知ろう!

では、8×1(ワンエイト)を作ってみます。()カッコでは、カウントの呼び方を表しています。

①まずは、手を返すトゥエル(ワン)を一回してからロック(ツー)で停止してみます。

これで、1、2までカウントができました。

②続いて、ドラム(スリー、フォー、ファイブ、シックス)を4回右手で打ちます!
3、4、5、6、までカウントをドラムでとっていきます。

③もう一度、トゥエル(セブン)をしてからロック(エイト)でしっかり停止!
7、8とカウントをロックで止まります。

これで、8×1(ワンエイト)が作れました。

④続いて、トゥエル(ワン)を右手だけでおこない、左手でポイント(ツー)で停止します。
1、2のカウントで動きます。

⑤次に、もう一度、トゥエル(スリー)を右手だけでおこない、クラップ(フォー)。
3、4のカウントでリズムをとります♪

⑥最後に、トゥエル(ファイブ)からロック(シックス)を2回続けておこないます。
2回目のカウントが、トゥエル(セブン)ロック(エイト)
5、6で1セット、7、8で2セット目をおこないしっかり停止。

8×2(ツゥエイト)の振り付けが完成です!!

こんな風に5つの基本技をいろんな形に組み合わせると振り付けを作ってロックダンスが踊れるようになります。

振り付けを覚えて、音楽に合わせて練習してみましょう!

さぁ、今まではカウントで練習してきました。
次は音楽に合わせて踊ってみましょう♪

音楽に合わせて踊るには、ある程度振りが体に染み込んでいないと体が音楽についていきません。
なので、まずはゆっくりカウントで何回も振り付けをしたロックダンスを踊ってみます。
確認しながら、次の動きを思いだして「次はこの動作だな!」と頭の中で体に命令しながら行ってみます。

ゆっくりのカウントでだいぶ体が慣れてきたら、次にスピードを上げて踊ってみます。
だいぶ、スムーズにできるようになったら、音楽に合わせてみます。

【音楽に合わせて踊る方法】

まず、音楽を聞いてリズムにのります。
アップのリズムを大事に体にリズムを刻んでいきましょう♪

5、6、7、8と音を取ったら、
1から先ほど覚えた振りをリズムにのって踊ってみます!

始めは、「カウントではできたのに、音楽だとできない」なんてことも・・
ですが、諦めないで練習すればできるようになります!

そんなときは、もう一度カウントでする練習に戻ってやってみてくださいね^^

女性ロックダンサーに向けて HALのワンポイントアドバイス

基本技の手の動きを上手に使えば、女性のしなやかさや美しさ、キレイな動きを表現できると思います。
その中に、ロックやポイントの停止する技でかっこよさも出すとGOOD!

ステップがなくても、手の基本技だけでもロックダンスを楽しむことができます^^
まずは、この基本技5つを覚えて、ロックダンスのたのしさを感じてみてくださいね!

まとめ

今日はこれまで練習をしてきたロックダンスの基本技の動きのなかでも代表的な手の動きを使って振り付けをしてみました!いかがでしたか?
はじめは、難しく感じる方もいらっしゃると思いますが、練習を続けたら必ず踊れるようになります♪
そして、踊れるようになると楽しくなってくると思うので、ぜひ続けて練習してみてくださいね(*゚▽゚*)

続けて、ロックダンスに関する動きをお伝えしていきます!

お楽しみに^^♪


スポンサードリンク






Pagetop